I'm looking for...

久々に明るい時間にブログ書いてみる。
先日訳あって、
自分の部屋の本棚で色々と本を見返しておりました。

自分の好きな本を1冊持ち寄って話をする、という会に参加するためだったのですが
持っていくか迷ってやめた本のことを書いてみよう。
持っていくのが重かった 話すのが上手でない自分が
頭のなかをとっ散らかしながら話すより、文章にしたほうがいいと思った。のよ。

これは有名?ロングセラーなのですが
シルヴァスタインという人の「ぼくを探しに」という絵本です。

著者のシルヴァスタインという人は
カウボーイであり、作家、詩人、音楽家、イラストレーターで
かーなーりー自由人だったっぽいw



私は91年出版分を持っているのですが(年齢、一桁…)
この丸い子、新版では黄色い子になっていました!!
しかも、ただの黄色い子でなく、蛍光イエローな子!

このパックマンのような丸い子が
自分の欠けた部分にぴったりとはまるパーツを探しに行く話。

歌を口ずさみ、ずんずんと転がりながら探していくわけですが
出会う欠片は自分には小さすぎたり、大きすぎたり
明らかに入らんだろう!という形だったりで
なかなか見つからないのですが
やっとのことで自分にぴったりとはまる欠片と出会うのです。

今までは欠けている部分があるゆえに
のろのろとしか転がれなかった道も
一緒にいることでスピードを出して転がることが出来るようになるわけです。

しかし、それからどうなるかというと
結局、彼(?)は自分にぴったりとはまる欠片と別れて
一人に戻ってしまうのです。

一人でいた時にできたことが、できなくなってしまったり
感じていたことが、感じられなくなってしまったから。
また、歌を歌いながら一人で道を転がっていくのです。


むーん、7歳の時の自分はこの本を
どんな気持ちで読んでいたんでしょう。
実はこの本には続きがあるのですが、
手元に無く、話も全然覚えていないので購入しようと思います。


私がすごく好きな歌。
ライブの時はかならず歌うようにしよう、と思っています。





1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

LIVE SCHEDULE

2015.8.29.SAT
芦屋Left Alone
芦屋市東山町4-13
tel 0797-22-0171
19:30 start
w/ Pf.大森一宏
Ba.井上歩

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM