節目の時に

久々に京都へ。仕事で、とかは時々あるけど
ちゃんと行くのは2年近くぶりかもしれない。
目的の一つはドアノー@何必館。
あああ人が多いいい!と思いながら。
人混み・コミュニティが激しく苦手な人間です…。
何回か、何必館にエリオット・アーウィットを見に行ったことがあるけど
ドアノーは初めて。
写真って、人柄が出るなあと思うと怖くもある。
やっぱり私は人物写真が好きだなあ。
子供を撮るときも、夫婦を撮るときも、芸術家を撮るときも、自然体なんだろう。
強烈にアピールする個性ではないかもしれないけど
そこに確かに存在していて、その温度が20年近く経っても残るって不思議。
写真集も買ってしまった…。
お昼代とユニクロのセーターと腕時計の電池代節約!

何必館に来たら、必ず常設の魯山人の展示も見に行く。
掲げてある魯山人の言葉を確認しに行くため。

-----
この世の中を少しずつでも美しくして行きたい。
私の仕事は、そのささやかな表れである。

人間なんで修行するのも同じことだろうが
自分の好きな道で修行できるくらい、ありがたいことはない。

人はいつ死んでも良いのである。
人はこの世に生まれて来て、
どれだけの仕事をしなければならないと、きまったわけのものでもない

分かる奴には一言いってもわかる
分からぬ奴にはどう言ったってわからぬ

芸術は計画とか作為を持たないもの
刻々と生まれ出てくるものである。
言葉を換えて言うなら、当意即妙の連続である。

-----

最初にこれを読んだのは、何必館に初めて来た7年近く前かなあ。
これを読む度に怒られているような気にもなる。
でも、「ああ、そうだそうだ」と毎回思うのです。
修行と言うとストイックな感じがするけど
成長を伴わないことに付随する浮ついた楽しさって、なんか違うわ、と思う。
間違ってるとは思わないけど、欲しいと思わない。


目的2つ目は下鴨神社。
私の一番のパワースポット…とおもってる。勝手に。
本当は新緑の時期が一番好きなんだけど。





紅葉は見頃になるのはもう少し先かも。まだ暑い時あるもんね。
気持ち的な節目や、環境の変化の節目には来たくなる。




今月に入り、色々なことを見つめ直したり
ここ数日で、新しい色々なことをインプットしたりで
なんとなく心の中がザワザワしていたので来てみた。

もともとが理屈っぽい性格なもんで、
何か嫌なことだったり感情的に揺さぶられることが起きても
「◯◯だから◯◯なんだよね」と理詰めで無理に自分の中に落とし込む習性があるのですが
それでは落とし込みきれないものについては、そのまま溜め込んでいて
それもなかなかしんどいので、もうそれも全部手放しちゃえの小旅行。

生きていて、人と関わったりしていると
嫌なことも良いことも蓄積されるけど
なにか起こった時の自分の選択肢って正解も不正解も無いんだと最近はとくに思う。
自分が選んだと思えるなら、後悔はきっとしない。
今まで得たもの・失ったもの、全て理由があって出入りしてるのだと
その時にはわからなくても、時間が経ってわかることもあるよねえ。
そうなると逆に、必要なもの不必要なものもわかるし
手元に残っているものがありがたく感じることもある。
「これでよかったなあ」と思えると、それがネガティブな出来事が起因していることでも
なんとなく幸せな気持ちになったりする…のは私だけか。



最近はなんでもかんでも
「もう、ええやん?」と言ってしまうのが、いいのか悪いのかw
ただのめんどくさがり。。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

LIVE SCHEDULE

2015.8.29.SAT
芦屋Left Alone
芦屋市東山町4-13
tel 0797-22-0171
19:30 start
w/ Pf.大森一宏
Ba.井上歩

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM